オートサイト紹介!中央アルプスを眺められる「千人塚公園キャンプ場」

長野県の飯島町にある自然公園。その敷地内にある千人塚公園キャンプ場。
春は桜、冬は雪景色、天気が良ければ雄大な中央アルプスを眺められる自然豊かなキャンプ場です。

この記事で分かること
  • キャンプ場の特徴
  • 注意点
  • おすすめサイト
  • 各区画からの眺望と広さ
  • 冬季になると通常と異なること

2022年春、お花見キャンプがしたくて利用しましたが
開花が予想より遅く、残念ながらお花見キャンプは叶いませんでした。
その時に見た中央アルプスが素晴らしかったので
雪を被った中央アルプスを眺めるために今回はあえて冬に利用してきました。
春の時期と異なる部分もあったので
そのあたりも含めご紹介していきます。

今回は「千人塚公園キャンプ場」をご紹介します。
(利用時期:2024年2月中旬/土日/最高12℃・最低-3℃)

8つの特徴

四季折々を楽しめる

春は桜、夏は新緑、秋は紅葉、冬は雪景色と四季折々を堪能できます。

千人塚公園キャンプ場-四季折々

中央アルプスの眺望

オートサイトは全区画から中央アルプスが眺めることができ、
池のほとりには遊歩道もあるため、より迫力のあるアルプスを一望することができます。

千人塚公園キャンプ場-中央アルプス②

区画が広い

区画は約100㎡〜約144㎡と、どんなキャンプスタイルでも十分な広さがあります。
テント・タープをそれぞれ2張りできるサイトもあるため、ファミリーやグループで利用される方も多いと思います。

千人塚公園キャンプ場-サイト広い

桜を独り占め

すべての区画から桜を堪能できますが、区画内に桜があるところもあるので独り占めできます。
(写真は2022年にはじめて利用したときのモノですが色付いているのは全て桜で、区画にかかっている影も桜です)

千人塚公園キャンプ場-94

トイレが商業施設並み

商業施設並みに綺麗でオシャレなトイレ。

千人塚公園キャンプ場-設備が綺麗

お湯がでる

しつこい油汚れや寒い時期も安心。

千人塚公園キャンプ場-お湯が出る

アクティビティ満載

SUP体験やマウンテンバイク、テントサウナやマレットゴルフなど、自然公園だけあってアクティビティが豊富。

千人塚公園キャンプ場-アクティビティ

スタイルごとのサイト

オートサイト以外には、城ヶ池のほとりにある定員2名のフォレストサイト。
グループ利用に最適のフリーサイトがあります。

千人塚公園キャンプ場-フォレストサイト

注意点

冬季で変わること
  • 受付場所が「センターハウス」ではなく「yado櫻山」になる
  • 利用できる炊事場は2箇所のみ(お湯がでる)
  • シャワー室は凍結の恐れがあり使用できない(4月から使用可能)

それでは、上記の注意点含め、その他の注意点を紹介していきます。

受付は「yado櫻山」

冬季以外のシーズンはセンターハウスで受付できますが、冬季は城ヶ池の対岸にある「yado櫻山」で受付します。

千人塚公園キャンプ場-yado櫻山

炊事場は利用制限される

シンクは全部で8つありますが、冬は凍結防止対策のされた2つのみ利用可能です。
「利用可能」の張り紙がしてあるのが目印。お湯も出るので安心。

千人塚公園キャンプ場-炊事場は利用制限②

シャワー室は使用不可

凍結の恐れがあるため利用は4月からになります(100円/3分)。
「yado櫻山」の温泉も利用できるようですが、利用前に一度問い合わせてみましょう。
他には、車で約20分圏内に「信州いいじまの湯 お宿 陣屋」「望岳荘」「信州まつかわ温泉 清流苑」「露天こぶしの湯」などの素敵な温泉があります。

千人塚公園キャンプ場-シャワー室②

遮蔽物が多い

自然公園の敷地内にあるキャンプ場なので、電柱や電線などの遮蔽物が多いです。

千人塚公園キャンプ場-人工物が多い

電波が弱い

標高は800mちょっとのキャンプ場ですが
山深いからでしょうか、スマホ電波は届きづらいです。

千人塚公園キャンプ場-電波が弱い

ペットは一部サイトのみ

ペット連れが利用できるのはオートサイトのCサイトのみになります。
Cサイトは4区画しかないので、競争率は高いかもしれません。

千人塚公園キャンプ場- ペットOKのCサイト

リニューアル工事区画がある

土日は基本作業しないようですが、平日に利用すると騒音が気になる可能性があります。
管理人さん曰く、キャンプサイトになるのか?公園の施設になるのか?何になるのかはまだ分からないとのこと。
キャンプサイトになったら、かなり眺望のいいサイトになりそうです。
トイレらしきものも新設していたので、炊事場やトイレであれば、サイトCの欠点は解消しそう。

千人塚公園キャンプ場-リニューアル工事①
千人塚公園キャンプ場-リニューアル工事②

サイト

サイトスタイルは、「オープンサイト(A・B・C)」「フリーサイト」「フォレストサイト」の3種類

広さ定員車両乗入れ設営数ペット
オープンサイトA約15m×8m5名テント×1張
タープ×1張
×
オープンサイトB約10m×10m5名テント×2張
タープ×2張
×
オープンサイトC約12m×12m5名テント×2張
タープ×2張
フリーサイト5名×テント×1張
タープ×1張
×
フォレスト
サイト
2名×テント×1張
( 1~2人用)
×

場内マップ

千人塚公園キャンプ場-サイトマップ

おすすめサイト

春には公園内の至るところで桜が咲き、オートサイトのすべての区画から桜が楽しめる贅沢なキャンプ場です。
今回は雪景色の中央アルプスを眺めに冬に利用させていただいたので
「冬に行くならこのサイトがおすすめ」を紹介します。

Aサイトなら

A-3

遮蔽物が視界に入るが中央アルプスの眺望を楽しめる
晴れていれば南アルプスも望める
Bサイトと区画が被らないためプライベート感がある
トイレや炊事場が近く安心

千人塚公園キャンプ場-A3
Bサイトなら

B-8

視界に入る遮蔽物が少なく中央アルプスの眺望を楽しめる
前列に他の利用者が居ても景色は楽しめる
トイレ・炊事場まで近すぎず・遠すぎずの距離感

(今回この区画を私たちは利用しました)

千人塚公園キャンプ場-B8
Cサイトなら

C-2

A・Bサイトよりも目線が高く
視界を遮るものがないため景色に集中できる
Cサイトは炊事場やトイレまで距離があるためソロ・デュオ向き

千人塚公園キャンプ場-C2

私たちは、利便性よりも眺望でサイトを決めることが多いので
次回利用する場合は、C-2を利用してみたいです。

個人的におすすめするサイトを紹介させていただきました。
サイトや区画選びの参考になれば幸いです。

では、オープンサイト(A・B・Cサイト)をそれぞれ紹介していきます。

サイトA

千人塚公園キャンプ場-Aサイト

センターハウス、炊事場、トイレに最も近く利便性の良いサイト

 ・区画数は4区画
 ・区画サイズ 約15m×8m(テント×1張・タープ×1張まで)
 ・定員 5名(1名追加毎に500円)
 ・車両乗り入れ 可
 ・ペット 不可

広さが約120㎡あるので、大きめの車でも悠々と設営できます。
センターハウス、トイレ、炊事場、シャワールーム、ゴミ捨て場など利便性は抜群です。
アスレチックスペースも近いのでお子様連れのファミリーに向いているサイトという印象です。

全く景色は楽しめないという訳ではありませんが
眺望よりも利便性重視のサイト


それでは、区画をそれぞれ紹介していきます。

A-1

千人塚公園キャンプ場-A1
A-1の広さ
千人塚公園キャンプ場-A1
A-1からの眺望

A-2

千人塚公園キャンプ場-A2
A-2の広さ
千人塚公園キャンプ場-A2
A-2からの眺望

A-3

千人塚公園キャンプ場-A4
A-3の広さ
千人塚公園キャンプ場-A3
A-3からの眺望

A-4

千人塚公園キャンプ場-A3
A-4の広さ
千人塚公園キャンプ場-A4
A-4からの眺望

サイトB

千人塚公園キャンプ場-Bサイト

利便性と眺望のバランスがちょうどいいサイト

 ・区画数は10区画
 ・区画サイズ 約10m×10m(テント×2張・タープ×2張まで
 ・定員 5名(1名追加毎に500円)
 ・車両乗り入れ 可
 ・ペット 不可

サイト内はもちろん、一部区画内に桜の木があり、桜を独り占めできる贅沢なサイトが多数。

広さは約100㎡とオープンサイトの中では一番面積が小さいですが
テントとタープを2張までOKなのでソログルやデュオグルに向いています。
センターハウス、トイレ、炊事場、シャワールーム、ゴミ捨て場までは近すぎず遠すぎない距離。
利便性と眺望のバランスが良いサイトという印象です。


それでは、区画をそれぞれ紹介していきます。

B-1

千人塚公園キャンプ場-B1
B-1の広さ
千人塚公園キャンプ場-B1
B-1からの眺望

B-2

千人塚公園キャンプ場-B3
B-2の広さ
千人塚公園キャンプ場-B2
B-2からの眺望

B-3

千人塚公園キャンプ場-B2
B-3の広さ
千人塚公園キャンプ場-B3
B-3からの眺望

B-4

千人塚公園キャンプ場-B4
B-4の広さ
千人塚公園キャンプ場-B4
B-4からの眺望

B-5

千人塚公園キャンプ場-B5
B-5の広さ
千人塚公園キャンプ場-B5
B-5からの眺望

B-6

千人塚公園キャンプ場-B6
B-6の広さ
千人塚公園キャンプ場-B6
B-6からの眺望

B-7

千人塚公園キャンプ場-B7
B-7の広さ
千人塚公園キャンプ場-B7
B-7からの眺望

B-8

千人塚公園キャンプ場-B8
B-8の広さ
千人塚公園キャンプ場-B8
B-8からの眺望

B-9

千人塚公園キャンプ場-B9
B-9の広さ
千人塚公園キャンプ場-B9
B-9からの眺望

B-10

千人塚公園キャンプ場-B10
B-10の広さ
千人塚公園キャンプ場-B10
B-10からの眺望

サイトC

千人塚公園キャンプ場-Cサイト

雄大な中央アルプスを眺めながら過ごせるサイト

 ・区画数は4区画
 ・区画サイズ 約12m×12m(テント×2張・タープ×2張まで)
 ・定員 5名(1名追加毎に500円)
 ・車両乗り入れ 可
 ・ペット 可

Bサイト同様、サイト内はもちろん、一部区画内に桜の木があり、桜を独り占めできる贅沢なサイトです。
(画像に写っている葉のない巨木はすべて桜の木)

区画の広さが約140㎡とオープンサイトの中で一番広く、唯一ペットがOK
テントとタープを2張までOKなのでファミリーやグループ、ペット連れのキャンパーに向いています。
センターハウス、トイレ、炊事場までが遠くなるので眺望重視のサイトという印象。

それでは、区画をそれぞれ紹介していきます。

C-1

千人塚公園キャンプ場-C1
C-1の広さ
千人塚公園キャンプ場-C1
C-1からの眺望

C-2

千人塚公園キャンプ場-C2
C-2の広さ
千人塚公園キャンプ場-C2
C-2からの眺望

C-3

千人塚公園キャンプ場-C3
C-3の広さ
千人塚公園キャンプ場-C3
C-3からの眺望

C-4

千人塚公園キャンプ場-C4
C-4の広さ
千人塚公園キャンプ場-C4
C-4からの眺望

基本情報

千人塚公園キャンプ場

所在地長野県上伊那郡飯島町七久保3017-124
標高836m
営業期間通年営業
予約なっぷ
(3ヶ月後の予約まで可)
キャンセル2日前からキャンセル料が発生
決済現金・クレジットカード
チェックIN13:00〜17:00
チェックOUT〜11:00
アーリーイン/レイトアウト×
AC電源×
ペット
( Cサイト以外NG )

利用料金

基本料金定員
Aサイト4,000円~5名
Bサイト4,500円~5名
Cサイト4,500円~5名
フォレストサイト2,000円~2名
フリーサイト4,000円~5名

基本料金は上表の通りですが、シーズン設定がありますので予約時に確認しましょう。
定員数までは料金は変わりません(1名追加ごとに500円)

アクセス

施設情報

レンタル
スマホ電波
お湯
ウォシュレット
ゴミ捨て
灰捨て
お風呂・シャワー
(冬季は利用不可)

受付棟

冬季以外はセンターハウスで受付(営業期間:4月~11月末)。
地元の食材を使った「千人塚バーガー」が有名のようです。

千人塚公園キャンプ場-センターハウス

冬季は対岸の「yado櫻山」で受付となります。
こちらに宿泊することもできます。大浴場もあり、Wi-Fiも完備。

千人塚公園キャンプ場-受付②

炊事場

サイトA-2のすぐ横にあります。シートの奥が炊事場です。

千人塚公園キャンプ場-炊事場①

シンクの数はかなり多いです。屋根もしっかりあるので悪天候でも安心。
写真のシンクは水のみとなります。

千人塚公園キャンプ場-炊事場②

冬季は凍結防止対策がされていて、お湯も出る2つのみ使用可能です。

千人塚公園キャンプ場-炊事場③

お湯はでますが、しばらくすると熱湯になるので要注意。

千人塚公園キャンプ場-炊事場④

洗い場

ペグや焚き火台など、シンクでは洗えないものが洗える洗い場が2つも完備。

千人塚公園キャンプ場-洗い場②

トイレ

外観もですが、内装も商業施設並みにオシャレで綺麗です。
暖房も効いているので冬季の夜間も安心。

千人塚公園キャンプ場-トイレ
千人塚公園キャンプ場-トイレ②
千人塚公園キャンプ場-トイレ③
千人塚公園キャンプ場-トイレ④

シャワー室

男女別個室のシャワー室がセンター通路にあります(100円/3分)。

千人塚公園キャンプ場-シャワー室①

灰捨て

すこし分かりづらいですが、炊事場の横にあるペール缶が灰捨てになります。